提供: あわWiki
移動先: 案内検索

ヘルプ:dnf用リポジトリ追加(CentOS8)

メインページ > ヘルプ:目次 > ヘルプ:自宅サーバー構築(CentOS8)  > dnf用リポジトリ追加(CentOS8)

標準リポジトリで提供されないパッケージをdnfでインストールできるようにする。

EPELリポジトリ導入(EPEL)

Fedoraプロジェクトが提供するRHEL用にビルドされたスペシャルパッケージを 配布するEPELを追加してきます。

[root@host4 ~]# dnf -y install epel-release

※他リポジトリとのパッケージの競合をさけるため、enabled=0 として普段は読まないようにしてお

[root@host4 ~]# vi /etc/yum.repos.d/epel.repo

[epel]
name=Extra Packages for Enterprise Linux $releasever - $basearch
#baseurl=https://download.fedoraproject.org/pub/epel/$releasever/Everything/$basearch
metalink=https://mirrors.fedoraproject.org/metalink?repo=epel-$releasever&arch=$basearch&infra=$infra&content=$contentdir
failovermethod=priority
# [enabled=1] = リポジトリ有効, [enabled=0] = リポジトリ無効
enabled=0
# [priority=*] を追記することで優先度を指定可
# 1-99 を指定可, 1 が最優先, 未指定の場合のデフォルトは 99
priority=10
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL-$releasever

.....
.....

上記リポジトリを使用してインストールする場合は、以下のようにコマンド入力

[root@host4 ~]# dnf --enablerepo=epel install [パッケージ名]

Remi's RPM repository リポジトリ導入

便利なパッケージを数多く提供する Remi's RPM repository を追加します。

[root@host4 ~]# dnf -y install https://rpms.remirepo.net/enterprise/remi-release-8.rpm

※他リポジトリとのパッケージの競合をさけるため、enabled=0 として普段は読まないようにしてお

[root@host4 ~]# vi /etc/yum.repos.d/remi-safe.repo

[remi-safe]
name=Safe Remi's RPM repository for Enterprise Linux 8 - $basearch
#baseurl=http://rpms.remirepo.net/enterprise/8/safe/$basearch/
#mirrorlist=https://rpms.remirepo.net/enterprise/8/safe/$basearch/httpsmirror
mirrorlist=http://cdn.remirepo.net/enterprise/8/safe/$basearch/mirror
# [enabled=1] = リポジトリ有効, [enabled=0] = リポジトリ無効
enabled=0
# [priority=*] を追記することで優先度を指定可
# 1-99 を指定可, 1 が最優先, 未指定の場合のデフォルトは 99
priority=10
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-remi.el8

.....
.....

上記リポジトリを使用してインストールする場合は、以下のようにコマンド入力

[root@host4 ~]# dnf --enablerepo=remi-safe install [パッケージ名]